スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇が先生を辞めた理由 

とまぁ第3話でヴィレッタ・ヌゥは教師とは仮の姿で実はルルーシュの監視役としてアッシュドフォード学園に来た訳ですが、1話の感想でも書いたとおりに実は扇が昔は教師だったという理由でヴィレッタは監視役だったとか全く疑わなかった訳で…。
扇が教師だったなんて覚えている人はマジで少ないと思います。
だってど~でもいいことだもんねww(コラw

ではそのシーンを少し振り返ってみましょう!!



STAGE21『学園祭宣言!』より



扇×ヴィレッタ

扇「昔学校の先生をやってたから

  懐かしいなと思って…」


ヴィレッタ「どうして辞めちゃったんですか…」


扇×ヴィレッタ

ヴ「パーマは校則違反だからですね?

 わかります」


扇「違います」

ヴ「リーゼントが校則違反だから?」

扇「これはただの天パです」



・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・


うん、確かこんな感じだった!




C.C.

「全然ちげぇよ」



今更な感じでしたが風呂を入ってたら思いついたので書いたw
今、読んだら微妙なネタだなww


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。